So-net無料ブログ作成

陸の孤島? [環境]

帰省中に目にとまった新聞記事: 石川2区 小松白川道も争点?

小松白川道(a.k.a. 白山トンネル)というのは、石川県小松市から岐阜県白川村へ、白山国立公園をぶち抜いてつなごうという道路。地元の某元首相が旗振り役の一人となっている。巨額の建設費のうえに、自然破壊、でもって費用に見合う効果としても非常に疑問、というよりまずダメだろと思うのだが、推進派の地元商工会議所のコメントがふるっている。曰く、「観光誘客が見込める道路がなければ、南加賀地方は陸の孤島になる」。

あのー、南加賀地方には高速道路としてすでに北陸自動車道があり、鉄道では北陸本線が特急大通りなわけですが、どうやったら「陸の孤島」になるのでしょうか。観光客に素通りされるという意味なら、すでに高速道路も幹線鉄道も空港もある現状からして、道路一本でどうなるというものでもないでしょう。むしろ、そういう公共事業(≒お上)依存体質が今日の衰退を招いているのではないでしょうか。

参考: NPO法人 白山の自然を考える会白山トンネル(小松白川連絡道路)調査継続への疑問(PDF)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0