So-net無料ブログ作成

世の中はいつも 変わっているから 頑固者だけが 悲しい思いをする [世情]

今回の「仕分け」では「仕分け人=査問委員」への怨嗟の声も聞かれるが、かの人たちも与えられた役回りを演じているだけなのでそう責めるのも酷であろう。

では、その役回りを与えたことがいまや暴露されている財務官僚だが、かの人たちもとにかく緊縮財政が善と(たぶん)確信している人たちなので、それが行動原理になっているのであろう。投資効果や必要性ではなく、切りやすいかどうかで判断しているという懸念もあるが。

まあ結局、政策の責任は政権与党、ひいてはその政権を選択した国民にあるということで、この際べつのスポンサーを探すか、既存スポンサー向けのマーケティングを強化するか、どっちかということになるのであろう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0