So-net無料ブログ作成
検索選択

2017生態学会2日目 [仕事]

IMG_2543.jpg

午前は、「森林の哺乳類・鳥類による種子散布システム 〜最新の定番 ツールでどこまで読み解けるか〜」。
  • 遺伝マーカーを使っても実際の親木を探すのは困難。違うものを排除できるだけ。
  • なので、モデルを使って尤度で推定。
  • あるいは空間遺伝構造だけで。
  • Seed Shadowは1個体で、種子親に注目。
  • Seed Rainは個体群で、散布種子に注目。
  • 長距離散布は利益になるのか?
  • 安定同位体比による垂直移動の推定
  • 分布の上限では?
  • 景観構造・林分環境・果実量と鳥類群集・種子散布


午後は、ポスターとか、生物多様性とか、景観とか。

夜は、「博物館の生態学」
  • 本草学資料に残るセミクジラにはフジツボがあるが、現在ではついていない。捕獲による個体群絶滅のためか。
  • 生物動画のアーカイブ
  • 教育向けの公開は理解されやすいが、無限定の公開には抵抗が大きい。
  • 植生データ: 空中写真、植生図、外観写真
  • 植生調査データ→データベース化
  • 大量のデータ処理。日本のデータでGBIF登録は1割程度。
  • アメリカでは市民参加でメタデータ整備。オープンデータ=社会の資産。
  • これには人材育成が必要。



タグ:生態学会
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。