So-net無料ブログ作成

R: 「有意差」がでるまで観測をふやすシミュレーション [統計]

「有意差」がでるまで観測をふやしていくと、どのくらい「有意」になるのかをシミュレーションでやってみました。

Rコードです。母集団は2群とも標準正規分布です。N=20からはじめて、「有意差」がなければN=100になるまで新しい観測を加えていくという手続きをシミュレートしています。

結果です。

> sum(n == N_start) / R
[1] 0.044
> sum(n <= N_end) / R
[1] 0.22

最初の検定で有意になる割合は、だいたい有意水準の5%くらいですが、サンプルサイズが100になるまでに20%くらいで「有意」となりました。


タグ:R
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント