So-net無料ブログ作成
検索選択

コウノトリ [環境]

放鳥されたコウノトリが産卵し、ヒナがかえった件。BBCも記事にしている。→Endangered white storks hatch egg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原植生 [環境]

手もとの資料を整理していたら、前田(1985)が出てきた。関東平野の原植生はシラカシ林であるという説に疑義を呈したものである。改めて読んでみると、非常に興味深かった。以下、その要約。

関東平野の原植生として宮脇ら(宮脇・大場 1966, 横山ほか 1967)がシラカシ林を挙げて以来、多くの人が引用し、そういう立場からの報告も多いが、それを裏付ける根拠は弱い。

  1. 自然状態の保たれている地域(神奈川県高麗山、房総半島・伊豆半島)でシラカシが出現しない。
  2. シラカシの出現の仕方は不自然である。辻(1984)は「少なくとも段丘崖や丘陵脚部に、シラカシ林が広く存在していたことは事実であろう」としているが、そのような出現の仕方をするところは、シラカシの植栽木のある人里近いところである。辻のいうような場所のシラカシ林は、植栽ではないにしても、それをもとにして二次的に成立した林ではないか。
  3. 関東平野にはシラカシが他のカシ類に比べて桁違いに広く植栽されており、それを母樹とした後継樹も多く、時がたてば自然状態になってくるものがでてきても当然である。
  4. シラカシはかつて用途が広く、利用価値が高かった。育林の面からも優れた性質を持っており、そのため広く植栽されるようになったのであろう。いつごろから植栽されだしたかはさらに検討が必要だが、筑波研究都市内にある體見神社では、宝暦4年(1754年)の本殿改築の際、カシ(おそらくはシラカシ)の寄進があったことが記録されている(谷本 1982)。

その後の議論については把握していないが、この論文だけ読むとかなりもっともな気がする。谷本(1982)も手もとにあったので読み返してみたが、森があったから鎮守の森として残されたのではなく、むしろ宮飾林として積極的に植栽・保護育成が行われていたとの推定など興味深い。

京都周辺の社寺林についても、人為的な影響が強いというのは最近小椋純一さんが報告しているところであり、社寺林は必ずしも原植生の遺存物ではないとは確実に言えるだろう。

  1. 宮脇昭・大場達之 (1966) シラカシ群集に関する考察. 第13回日本生態学会講演要旨.
  2. 前田禎三 (1985) シラカシ林が関東平野の原植生かをめぐって. 群落研究2:3–7.
  3. 谷本丈夫 (1982) 體見神社周辺の植生. 體見神社修復工事報告書: 69–86.
  4. 辻誠治 (1984) 関東平野のコナラ林植生. 第31回日本生態学会講演要旨.
  5. 横山光雄・井手久登・宮脇昭 (1967) 筑波地区における潜在自然植生図の作成と、植物社会学的立地診断および緑化計画に対する基礎的研究. 研究学園都市計画. 20pp. 日本住宅公団.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ツキノワグマ捕殺4251頭 [環境]

環境省の発表資料によると、今年のツキノワグマの捕殺数は11月末までで4251頭にのぼったとのことである。ツキノワグマの推定生息数は1万〜1万5000頭程度とかいうことだったはずので、相当な数である。

そのような中で、福井県の取り組みが熱心であることが、まち・もり・ひと #476で紹介されていた。いろいろと参考になる。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

またドングリ作戦をやるそうな [環境]

まち・もり・ひと #428より。

「熊森」がまた「ドングリ作戦」をやるそうな。

幹部とおぼしき人々の言動をつぶさに観察する機会が以前あったのだが、どうも「動物愛護」優先のようで、「生態系」などといったことはあまり考えていないようであった。行政や研究者にも必要以上に敵意むき出しで、どうにもお付き合いしたくない人々であったことであった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シイの分布拡大 [環境]

昨日、「シイノキの分布拡大は是か非か」というシンポジウムに行ってきた。以下、個人的なまとめ。

  • シイ(ツブラジイ)は確かに1960年代以降、東山において分布を拡大している。また今後も拡大を続けるだろう。
  • 東山のシイ林は、シイのみが優占しており、多様性の高い本来の照葉樹林とは異なっている。イチイガシなどは京都盆地からほとんど姿を消している。
  • シイ林をアカマツ林に戻すには、相当のコストがかかる。一方、シイ林を管理するにもコストがかかる。
  • かといって単に放置することは、人と森林との関わりがなくなるということになる。
  • 京都周辺の森林については、景観的・文化的な観点も必要である。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

諌早湾 [環境]

◆木偶の妄言◆「こんな不正義が許されて良いのか?」:

「回復不能のダメージを自然に与える前に、ちゃんとした調査をすべき。調査の前は工事を自制すべき」

本来は事前にちゃんとした環境アセスメントをおこなうべきだったのですが(アセス法施行前でした、というかそもそもが戦後の食料難の時代の産物)。

4年前には「費用対効果が1を下回っているのではないか」との問いに事務次官も答えられなかったわけですが*、このあたりもどうなっているのやら。

ちなみに、農林水産省の労働組合は、諌早湾干拓も川辺川ダムも積極推進の立場です。


* 熊澤農林水産事務次官記者会見要旨( 平成13年11月1日(木) 14:30〜14:47 於:農政クラブ )


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース