So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

R: KFASでオフセット項をあつかう [統計]

KFASではオフセット項もあつかえるとマニュアルにあったので、確認してみました。

Rコードです。生物の個体数をカウントすることを想定した模擬データです。個体数は、密度×調査面積を期待値とするポアソン分布にしたがいますが、何らかの都合で調査面積が1回おきに変化するとしました。

ポアソン分布または負の二項分布のとき、SSModel関数のu引数でオフセットを指定できます。

結果です。 Rplot.png
個体数です。黒線が実際の値、赤線がフィルタリングされた値です。
Rplot01.png
おなじく密度です。


タグ:R KFAS
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント