So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

スタイン推定量を計算してみた [統計]

『ベイズモデリングの世界』講義1にでてくるスタイン推定量を計算してみて、誤差平方和の期待値がちいさくなることを確認してみたメモです。

続きを読む


タグ:R 統計学
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Stan: ガウス過程をためしてみたメモ(2) [統計]

こんどは、2次元の入力に対するクラス分類をためしてみました。

続きを読む


タグ:STAn
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Stan: ガウス過程をためしてみたメモ [統計]

Stanでガウス過程をためしてみたメモです。

だいたいStan Modeling Language User’s Guide and Reference Manualの18章を参考にしました。また、 StatModeling Memorandumに、Stanによるガウス過程の記事があります。

続きを読む


タグ:STAn
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゼロがなくなったポアソン分布のパラメーターを切断ポアソン分布で推定する [統計]

先日のモデルですが、Stanでは切断ポアソン分布をつかえるので、それをつかえばよいのでした。

続きを読む


タグ:R STAn
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゼロがなくなったポアソン分布のパラメーターをData augmentationで推定する [統計]

ゼロがなくなったポアソン分布のパラメーターをData augmentation(データ拡大)で推定するということをやってみたメモです。

【追記 2017-12-09 10:30】 すみません。Nの計算を間違えていました(松浦さん、ご指摘ありがとうございます)。ということで、修正しました。

続きを読む


タグ:R STAn
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ポアソン分布・ポアソン回帰・ポアソン過程』をRで再現してみる(7) [統計]

点配置の比較をしてみます。Stanをつかいます。

続きを読む


タグ:R STAn
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ポアソン分布・ポアソン回帰・ポアソン過程』をRで再現してみる(5) [統計]

カルバック・ライブラー情報量とか、平均対数尤度と最大対数尤度との差とか。

続きを読む


タグ:R
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ポアソン分布・ポアソン回帰・ポアソン過程』をRで再現してみる(4) [統計]

分散の不変推定量とか、最尤推定値の漸近正規性とか。

続きを読む


タグ:R
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ポアソン分布・ポアソン回帰・ポアソン過程』をRで再現してみる(3) [統計]

グラフにかぎらず、再現してみようかと。

続きを読む


タグ:R
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感